yuukyuuasia80’s diary

悠久 混沌の世界を秩序有る社会に

灰猫

背上の眠り猫、鼠を退治し天下泰平を夢見たり

背上の眠り猫、鼠を退治し天下泰平を夢見たり 座敷で新聞を広げて呼んで居ると何時も猫が遣って来て何時も読むを邪魔する。叱り付けて頭を張る、背に載って寝る。背中は一番安全な場所で有るので有ろう。ヒトは手足が背中に届く無い。背中を掻くにも孫の手が…

開けっ広げの座敷に巣食う赤顔の野猫

開けっ広げの座敷に巣食う赤顔の野猫 猫が家畜か如何かの定義は難しい、鼠が豊富に捕れた昔は、人に餌を強請る事も無かった。鼠を捕る為に共生して居たとも取れる、野獣なので有る。ヒトが家畜化出来無かった動物でも有る。今も寝床を共にして居ても内に野生…

灰猫は竃に巣食う無餌の野猫

灰猫は竃に巣食う無餌の野猫 竃が無く成って久しい、雪夜の晩は灰猫も竃選びに大童で有る、アッチの竃で頭を張られ、コッチの竃で尻を叩かれで有る。ヒト待ち顔の猫、座布団は未だか、湯たんぽは未だか。抱き猫の門出嫌いには理由が有る。 日本には世界に誇…

新しい諺を求めて

新しい諺を求めて 諺は犬や猫に例えたものが多い、勿論外国にも家と技が多い。韓国にも諺が有るが、日本人と可成り違う諺も多い。中国には故事を基に諺が多い、四文字熟語は辞書が有る程に豊富で有る。勿論現代でも諺は造られれる、文豪が書いたベストセラー…

種籾を喰らう鼠は寄生獣、寄生獣を喰らう猫は共生獣、東洋の黄色い猿は害獣

種籾を喰らう鼠は寄生獣、寄生獣を喰らう猫は共生獣、東洋の黄色い猿は害獣 今、米国はイランや北朝鮮で核廃絶を説いて居る。国連は戦勝国連合でも有る。敵だったドイツやイタリアはNATOに加盟したので敵国の削除は既に済んで居るが、日本は未だに敵国の…

灰猫の空視

灰猫の空視 天井裏の鼠が気に成るのか、猫は何も居ない天井をよく見る。人には聞こえ無い音も気に成るので有ろう。恰も猫が霊魂を感じて居るかの如くに思って仕舞う。 李氏朝鮮時代の都の様子は韓流ドラマの宮廷物で多くの人は繁盛振りを信じて仕舞って居る…

借り猫の食べ残し

借り猫の食べ残し 犬の棒怯えは有名で有る。犬も歩けば棒に当るに出て来る。犬が棒の恐怖を遺伝子に書き込むのに、何万年も掛か事を意味する。ガラパゴスのイグワナは観光客が近付いても逃げ無い、南海の孤島で人との接触が無かった。赤子は初めて見る、蛇や…

猫の傀儡遊び

猫の傀儡遊び カルメンはプロスペル。メリメの小説が原作で多くのオペラや映画の基に成って居る。猫を娼婦に例え、呼んでも振り向きもし無いのに、呼ば無いのに寄り添って来ると書いて居る。猫の気紛れさが判る。開けっ広げの座敷に住んで、猫の方から人に近…

灰猫の竃自慢

灰猫の竃自慢 世界地図を言語や民族や宗教や政治主義で色分けが出来る。昔、4大文明が栄えて居た時代が有った。かって文明が栄えた地が砂漠化して廃墟のみの所も有る。人が森を切り開き砂漠化を推し進めたとも言える。現代の世界地図を文明で色訳するは至難…

抱き猫の門出嫌い

抱き猫の門出嫌い 猫を抱いて門を出ようとすると、暴れて下りて仕舞う。捨てられと勘違いするのか。飼い主が其れ程信頼できないのか。韓国の文大統領は高麗連邦の民族統一を懇願して居るが、北朝鮮が信じるに値するか疑問で有る。同民族、同言語、銅文化圏、…

吃驚開けっ広げの座敷で縄無しの傀儡遊び、仰天座敷を土足の灰猫の食べ残し

吃驚開けっ広げの座敷で縄無しの傀儡遊び、仰天座敷を土足の灰猫の食べ残し 猫は大事な種籾を鼠から守る為に神さま扱いで有る。雪夜の晩は竃撰びで大童、アッチで頭を張られ、コッチで尻を叩かれで有る。猫は人の男と女が判るのか、大抵女の膝に載りたがる。…